月別アーカイブ: 2018年10月

秋といえば・・・

aki_1_20181012job_roudousya_youngこんにちは。広報担当Sです。

入社1ヶ月が過ぎました。

しかも、気づけばもう10月・・・

10月といえば
秋といえば食欲、運動、読書、ドラフト会議・・・いろいろありますが、実は求人が増える時期でもあるんですよね。

突然ですが、就活されてるみなさん!        みなさんは会社に応募するとき、 どんな資格が必要なのか気になりますよね?(@_@;)

山三電機は車の電装品の整備を行っていると、以前ブログでもご紹介しました。

 

そこで、今回は車の電装品を扱うには、どんな資格が必要なのかを 調べてみました。

まず、車の資格といえば整備士ですよね。

その、整備士の資格には、大きく分けて1級、2級、3級と
自動車検査員、特殊整備士があります。

その「特殊整備士(★)」資格は、さらに「自動車タイヤ整備士」
「自動車車体整備士」「自動車電気装置整備士」という3つに分けられ、そのうち車の電装品を専門に取り扱う資格が「自動車電気装置整備士」です。

詳しくは↓↓↓↓

★特殊整備士
https://job.clutch-s.jp/license/seibishi_tokushu.html

しかしながら、山三電機にいるベテラン整備士さんや若手の整備士さんたちの話を聞くと、
最初からこの「自動車電気装置整備士」資格をもっていたかというと、そうではなく、
山三電機に入社してから、手に職をつけた人がほとんどです。

もちろんディーラーで整備士をしていた人や、車の販売員だった人もいますが、ほとんどが、入社する前は車とは直接関係ない経験の持ち主です。たとえば、車以外の専門学校を卒業した学生だったり、文学部出身の大学生だった人、ファーストフード店で働いていて中途で入社した人もいます。
そして、20年、30年、40年と整備士として長く働いていて、その道ひと筋の「職人」と呼ぶのにふさわしい人達ばかりです。

今、このブログを読んでいただいている方、
このブログを偶然にも開いてしまった方も(^.^)

資格はもっていないけど

・車に興味がある
・電気に詳しい
・機械いじりが好き
・プラモデルの組立が得意
などなど

理由はなんでもOKです!

少しでも山三電機に興味がある方は、ぜひ採用ページを覗いてみてくださいね(^O^)

★求人情報 https://www.e-aidem.com/aps/01_A81004065427_detail.htm

-追伸-
トップの写真は、立川駅周辺の「秋」です!私なりに精一杯、秋を探し歩きましたが、
猛暑のせいか、葉っぱが秋色に染まるまで、もう少し時間がかかりそうです。

ちょっと気になる・・・の答え。

DSCN0335_小こんにちは。広報担当Sです。

以前、ブログでご紹介した山三電機のキャラクターの名前がついに判明しました!

 

 

 

山ちゃんです!

長いレンチを持っている由来は、「みなさんと長~い付き合いをしたい」という会長の想いが込められていました。

ちなみに、山三電機のロゴは「大空に向かって羽ばたく」というイメージで作ったと会長が教えてくれました。

初めは四角形で角のあるデザインだったものを、角をとって丸くしたそうです。

どんなことでもフレキシブルに、そして柔軟に対応するという意味を込めて。

また、青と白のカラーは会長出身、奄美大島の青い空と白い砂浜からイメージしているそうです。

DSCN0562_小

 

 

 

 

 

 

 

山三電機のキャラクターにも、ロゴにも会長の深い想いが込められているんですね。

またひとつ勉強になりました(^。^)